50代の保湿化粧品の選び方

50代になるとこれまでの保湿化粧品じゃ追いつかなくなってきます。

これは40代から始まる肌の急激な変化によって、これまで使ってきた保湿基礎化粧品じゃ保湿力が足りなくなってきたからです。

でも、保湿力が高い基礎化粧品を選んではダメです!

一般的な保湿基礎化粧品は、肌表面に潤いの被膜を強く残すだけ。乾燥肌の原因は何にも改善されていません。

素肌でしばらくいても乾燥しない。

そんな肌になれたらいいと思いませんか?

50代の肌に足りない2つの潤い要素

50代はどんな基礎化粧品を使えば乾燥が止まるの?

50代は当然20代や30代のときより乾燥肌です。これは誰でもです。

若いときに比べて失った、減ってしまった潤い要素で、基礎化粧品で補えるところは補う。すると乾燥状態もマシになります。

では50代の肌は20代や30代のときと比べて何が変わったのか?これを補ってくれる基礎化粧品が50代向けと言えますね。

1.セラミド量

乾燥肌=セラミド不足です。

ヒアルロン酸やコラーゲンも保水性がありますが、乾燥肌トラブルにはあまり関係ありません。

角質層、つまり肌の一番表面にあるサランラップ1枚の部分。ここにあるセラミド量が50代は大幅に不足しています。

セラミドの生産量は20歳をピークに加齢とともに徐々に減っていきます。

ある時から急に減るのではなく、じわじわと減っていきます。

30代や40代などの節目で基礎化粧品が合わなくなることが多いですよね。なんか乾燥するようになったって。

実は、それは基礎化粧品が合わなくなったのではなく、セラミド生産量が減ってしまい、基礎化粧品の持つ保湿力が足りなくなってきただけなんです。

セラミドは肌が乾燥していると余計に作られなくなります。

自前のセラミド生産量が減少して肌水分量も減少。基礎化粧品の潤い効果が足りなくなり、基礎化粧品の効果が落ちたと感じます。

2.皮脂量

セラミドは加齢でなだらかに減っていきますが、皮脂は40代までなだらかに減少。その後急激にストンと落ちます。

これは皮脂分泌がホルモンによる影響だからです。

女性は40代で閉経に向けて女性ホルモンバランスが大きく変わりだします。その影響で皮脂分泌量が大幅に落ちるのです。

50代になると減少量がよりハッキリとするため、ノンオイルの基礎化粧品だけだと明確に乾燥を感じるようになります。

50代でも水分不足で乾燥肌になることはない

歳を取ると水分が不足して乾燥するんじゃないの?足りないのは水分じゃない?

乾燥肌=水分不足

と考えられがちですが、

乾燥肌=セラミド不足=水分不足

が正しい解釈です。

人は半分以上が水分で作られています。赤ちゃんのときが一番水分量が多く、歳を取ると若干割合が減っていきます。

ですが、毎日おしっこが出ているのなら、体の水分不足で肌が乾燥するなんてことはありません。多少影響はしますが、乾燥肌原因になりません。

常に肌には水分が供給されています。これを角質層で維持できるかどうか?が乾燥肌になるかどうかの分かれ目です。

その役割を果たすのがセラミドです。

50代の肌は水分を維持するスポンジがスカスカなんです。そこを通過して水分がどんどん蒸発しちゃう。

いくら化粧水で水分を与えても維持できないので一緒です。たくさん水を飲んでも、別に肌の水分に回るわけでもありませんし、そうなったとしても素通りなので意味がありませんよね。

50代の乾燥止める基礎化粧品条件

セラミド配合でオイルがたっぷりな基礎化粧品だと乾燥しなくなる?

50代に足りないのはやはりセラミドと皮脂。

ですが、どちらも濃ければいいわけではありません。

むしろ質、種類です。

1.セラミド濃度重視より3種類以上が望ましい

角質層は50代になるとさらに薄くなり荒れやすくなります。

さらに薄くなった角質層に、20代や30代のときのように、たくさんの成分が浸透するわけではありません。

50代だからたっぷり保湿しないとダメ!なんて言われますが全くの嘘です。

20代や30代のときはセラミドが入っていなくても、自前のセラミド生産力が高かったから気にならなかっただけです。

50代の薄い肌には、できるだけ効率よく保水力を高めてくれる基礎化粧品を塗らないとダメ!

そこで注目したいのがセラミドの種類です。

セラミドは低濃度でも十分効果を発揮します。濃いほうがいいのはいいのですが、かなり高価になるだけであまり意味がありません。

ですが、セラミドのタイプが複数あると、より角質層のセラミド状態が正しい状態に戻ります。

具体的には、セラミド1、セラミド2、セラミド3といった複数種類表記のものを選びます。

2.天然の言葉に騙されるな!ヒト型の人工セラミドを選ぶ

化粧品選びの際、何かと自然な天然物が好まれますよね。

ですがセラミドに関しては人工セラミドのほうが保湿力が断然上です。

人工と言っても原材料は植物です。ただ人の手で、人のセラミドの構造にちょっと加工しているだけです。だから自然な成分とも言えます。

このセラミドを「ヒト型」と呼びます。

若い時ならヒト型以外でも十分です。

ですが、質が求められる50代はヒト型が必須です。

  • 馬セラミド
  • コメセラミド
  • こんにゃくセラミド

など天然セラミドがありますが、潤いはあるものの人の肌のセラミドにはなりません。イメージ的には天然なのですが、効果の大きさは断然ヒト型です。

また花王キュレルで有名な疑似セラミドもあります。

これは荒れているときには使いやすいですが、重くてやはり人のセラミドにはなりません。本来は低価格なのですが、キュレル自体がそんなに安くないですよね。

3.アシルセラミド(セラミド1)はできるだけ

ヒト型セラミドには末尾に数字、アルファベットが付いています。

この中でセラミド1(EOS)は、肌のバリア機能に特に重要なタイプです。

セラミドが角質層で水分と油分の層を作り、外からの刺激をブロックしています。これが弱回ると簡単に肌荒れします。

アトピー肌の人はこのセラミド1が顕著に不足していることでも明らかです。

50代になると知らない間に肌が赤くなっていることが増えますよね。何かしたっけ?という原因不明の肌荒れが頻繁に。

それは肌のバリア機能が落ちていて、以前より刺激を受けやすくなっているからです。

バリア機能が落ちるとということは、それだけ肌に隙間があるということです。それだけ水分も蒸発しやすく、刺激を受けて炎症を起こすとセラミド破壊酵素が活性化します。

だからヒト型セラミド基礎化粧品を選ぶ際は、できるだけセラミド1配合が望ましいのです。

4.酸化しにくい皮脂に近いオイル

50代向けになるとオイル美容液が人気になります。特にオリーブオイルが。

ですがオリーブオイルは酸化しやすいんです。良いオイルですが、ベタつきやすく酸化しやすいため、クリームに入っているのはともかくオイル美容液単体では微妙です。

オイルが酸化すると、その酸化ダメージが肌奥へと伝染していきます。

ただでさえ50代は肌の酸化が進みます。わざわざオイルを添加して酸化刺激を受けてしまい、余計に乾燥している人がいます。

基本的にはクリームに含まれているオイルで十分ですが、50代になると皮脂量がかなり不足している人も出てきます。

そんな人はオイル美容液を1滴最後になじませるだけ。これでかなり変わります。

  • ホホバオイル
  • スクワラン
  • シアバター
  • マカデミアナッツオイル
  • カカオオイル

などがありますが、おすすめはスクワランです。

安いしベタつかないし酸化しにくいし、人の皮脂と同じ(スクワレンに水素添加して酸化しにくくしたのがスクワラン)です。

マカデミアナッツオイルもいいのですが、オイルにお金はあまりかけず、セラミド基礎化粧品にかけるのがコスパが良くておすすめ。

50代にオイル保湿が重要は間違い

もっとオイル塗らないと乾くんじゃないの?

50代の乾燥肌は皮脂不足が絡んでいます。これは間違いなく、オイルが足らないとセラミドの効果も出にくくなります。

でも1滴や2滴でいいのか?

というと十分です。

1.オイルにフタ(水分蒸発抑制)効果はない

昔から言われていた(今でも一部では)、オイル(皮脂)にフタ効果があるという話。

オイルの被膜が肌を覆い、肌内部から蒸発しようとする水分を閉じ込めてくれる。だから潤うという話です。

確かにフタ効果はあることはあります。

コップに水を入れてサラダ油をたっぷり入れれば、油が表面に浮いてフタをします。

ですが、かなり入れないといけません。でないと皮膜というほどの厚みが連続しないからです。

しかし人の顔にある皮脂膜は非常に薄く、完璧に肌を覆っているわけではありません。そもそも人の肌はキメが走っていて、皮溝という溝がいっぱい走っています。

皮脂は主にその溝に溜まっているので、その周囲の盛り上がった部分はそれほど皮脂で覆われていません。だからフタになっていないのです。

2.オイル保湿は肌常在菌バランスを整えるため

では皮脂って何の役に立っているのか?

というと、肌に住み着いている菌の餌となるのが一つの役割です。

肌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいます。腸内環境と一緒ですね。

この内、表皮ブドウ球菌(善玉菌)がたくさんいると、日和見菌のアクネ菌も善玉菌として活動します。実はニキビ原因となるアクネ菌も悪い菌ではなかったのです。

皮脂が足りないと善玉菌の餌が不足します。

善玉菌は皮脂を食べて脂肪酸を作ります。これが肌を弱酸性に保ち、汗と混ざって乳化することで天然のクリームを作ります。

素肌で乾燥しないという人は、セラミド量が充分あるだけでなく、肌常在菌が作り出す天然のクリームによって保湿されているからなんです。

オイル保湿でたっぷりオイルを塗っても、菌が食べる量はわずかなので過剰になり、酸化して刺激になるだけなんですよ。

50代の基礎化粧品はオールインワン?フルライン使い?

TVCMや新聞広告で年配者向け?のオールインワンゲルがあるけど、あれは保湿効果が高いの?

50代になると基礎化粧品が効かなくなり、何かいいものがないか?といろいろ探しますよね。そこで目にはいるのがTVCMや新聞広告、折込チラシなどでよく見るオールインワンゲルです。

ですがオールインワン化粧品はあまりまともなものがありません。

オールインワンがダメなのではなく、ある理由から保湿効果は限定的になってしまうのです。

オールインワン化粧品効果より使い心地重視

50代に、というかオールインワン化粧品全般的にイマイチなのです。

何がいまいちかというと、オールインワンは1つで済ませるため、一般的な基礎化粧品より質素な使い心地になります。

多くの女性は化粧水に始まり、乳液やクリームなど複数点を塗り込む癖が付いています。だからオールインワンだと使用後の潤い感が足りなくて売れません。

そこで、肌表面に潤いの被膜を強く残したり、エモリエント油剤をたっぷり入れて潤って肌が変わった感を演出します。

基礎化粧品だと浸透性などを重視して作る傾向。かりに美容液1本で潤いが満足しなくても、次に重ねるクリームなどで十分満足します。

1つで終わるオールインワンだからこそ、潤い感を強くして十分1つで間に合っている!という実感を演出せざるを得ないのです。

しかし、油剤やありとあらゆる成分がいろいろ配合されすぎて、本当に肌が必要としている成分が入っていない、または濃度が薄すぎるオールインワンが目立ちます。

フルライン使いは不要

若いときに比べて50代になると基礎化粧品をライン使いする人が増えます。

そのほうが効果が高そうというイメージなのと、当時よりお金の余裕がある人が増えるからです。

ですが、ほとんどの基礎化粧品ブランドのラインは中身がほぼ一緒です。テクスチャーとオイル量の違いだけです。

なのでどれか1本使えば十分です。例えば化粧水なら化粧水だけ使えば、だいたいそのブランドの効果は得られます。

できれば美容液かクリームがいいですね。なぜなら一番美容成分が濃いからです。化粧水はほとんど水で美容成分の濃度は低いことが多いので。

フルラインで使わないと効果が発揮されない、本当の保湿効果が得られないなんて言いますがそれも嘘。

50代の肌(角質層)はさらに薄くなっているので、何本も重ねても余って蒸発するだけです。

むしろ重ね付けによって界面活性剤や防腐剤濃度が上がって肌負担が増えるだけですよ。

3.化粧水はなくてO.K.

保湿と言うと化粧水が重要視されますが、乳液や美容液、クリームなどの中で一番無駄なのが化粧水です。

それは先に説明したように、肌の外から水分を与えても無駄。水分はいくらでも足りている。足りていないのはセラミドであって保水力だからです。

ただ一部の化粧水、例えばSK-IIの化粧水なんかは若干特殊。

ほとんどが美容成分の液体でただの水が入っていません。ですが、50代肌がSK-II化粧水一本で保湿できるかというとちょっと厳しいです。

セラミド化粧水ならどうか?

というと、セラミドは水に溶かすのが難しいので非効率。どうしても界面活性剤使用量が増えるので化粧水の意味がなくなります。ダメではありませんが、セラミド補給が目的なら美容液かクリームです。

つまり、保湿にお金をかけるなら化粧水以外がいいってことですね。

50代の薄い肌に適した保湿基礎化粧品ブランド

50代向けで展開していたり、50代女性の口コミが掲載されている化粧品は避けたほうがいいです。

だいたいそういうのは嘘かイメージ戦略だけです。

50代の肌に足りないものを補えるものなら、どんなイメージで売られていようが、どんな世代の口コミだろうが関係ありません。

服だってそうです。似合っていれば若い子の服を取り入れたっていいのですから。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタの製品画像
  • ヒト型セラミド3種類
  • セラミド1
  • アスタキサンチン
  • ラインの中で唯一セラミド配合

セラミドを最も効率よく補える先行美容液タイプ。これは特殊な配合技術を持っているアスタリフトだけの製品特徴です。

洗顔後にこれでセラミド補給。50代の肌に足りないセラミドをしっかり補え、後に塗る化粧水や乳液などの機能を引き出してくれます。

セラミドの質は言うことなし。これでダメならちょっと考えないといけないですね。

このセラミド先行美容液の後は、保湿力が高いしっとり系の化粧水、次にスクワランが一つの組み合わせ。あっさり仕上がりながら肌が柔らかく仕上がります。

セラミド補給でオイル以外の保湿がほぼ終わりなので、あまりゴチャゴチャ塗り重ねないほうがいいですね。

このアイテムに油分はほぼ含まれていないので、かならず何かしらの油分を含んだクリームやオイル美容液仕上げは必須ですよ。

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリーム

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリームの商品画像
  • ヒト型セラミド3種類
  • セラミド1
  • セラミド濃度ずば抜けてトップの4%
  • ホホバオイル・マカデミアナッツオイル・スクワラン

ヒト型セラミド4%配合の有名定番クリームです。クリームと言ってもベタつきがあるタイプではなく、かなり伸びが良くて不快感がありません。

セラミド4%濃度は圧倒的です。普通はここまで配合すると価格が跳ね上がるのですが、小林製薬だけになぜか安いです。

変な香料や怪しい美容成分一切不使用。本当に肌に足りないものだけ入っています。

オイル分もしっかり入っていますが、50代肌ならスクワランを1滴最後に追加したほうがいいかもしれません。

セラミド補給とオイル補給。この2つがほぼこれで完璧。ヒフミドなら化粧水も使いやすいので、化粧水とクリーム(+スクワラン)で乾燥はまず大丈夫です。

HABA スクワラン

HABA スクワラン
  • 皮脂と同じスクワレンを酸化しにくくしたスクワランオイル
  • スクワランのトップブランド
  • 不純物が限りなく少ない高品質
  • 1,500円で3ヶ月分の超コスパ
  • サラッとするからベタつかない

化粧水や美容液など水分感が強い保湿化粧品の仕上げ。もしくはクリームだけだと肌の調子がいまいち上向かないときにピッタリです。

スクワラン(スクワレン)は皮脂の一部なので補うのに自然。酸化しにくいのでリスクもありません。

オイルとしては非常にあっさりで不満を覚える人もいますが、そもそも皮脂が足りているときってベタついてませんきょね?50代向けの美容知識だとオイルが銃よとされ、過剰に油分を補ってきた人の間違った慣れの影響です。

そしてお金をかけるべきなのはセラミドコスメ。オイルに関しては無駄に高級なのは不要。HABAスクワランのように高品質だけど安いオイルが1本あれば十分です。

アスタリフトのセラミド先行美容液との相性は抜群ですよ!

  1. トップページ
  2. 50代の保湿化粧品の選び方