50代の母親へのプレゼントに適した基礎化粧品は?

50代の母親に基礎化粧品をプレゼントしたい。

これこそ年齢のイメージで選びがち。

ですが、お母さんに綺麗になってもらいたい、という気持ちがあるなら、50代の肌悩みに適した本当の基礎化粧品をプレゼントしたいですね。

50代にプレゼントして安定のコスメブランド

お母さんの世代が喜んで使ってくれそうな基礎化粧品ブランドってどこ?

50代のお母さんにプレゼントする場合、だいたい以下のブランドが候補に上がります。

  • 資生堂
  • SK-II
  • コーセー
  • ソフィーナ
  • ファンケル
  • カネボウ
  • 再春館製薬

などなどです。

お母さんでも知っている有名ブランドから選ぶのが鉄板。

韓流好きなら韓国コスメという手もあります(ただ韓国コスメは刺激が強いものがあるので注意)。

予算を控えめにするなら無印良品という手もあります。

ですが、あげて喜ばれるならこれでO.K. そもそも子供から化粧品をもらえたら何だって嬉しいですからね。あんまり深く考えないほうがいいですよ!

でも、お母さんの肌を変えたいのならもう少し考えたほうが良いです。

美白・シワ・たるみ向けは避けたほうが良い

母親の肌悩みを解消してあげたい場合は?

50代になると様々な肌悩みが出てきます。

50代女性の肌悩みトップ3は、

  • シミ
  • たるみ
  • シワ

です。

これにしつこい乾燥肌がベースとしてあります。

ただ、どれも効果を感じるとしても半年以上は使い続ける必要があります。早くて3ヶ月。

50代は肌の再生力が落ちているため、仮に基礎化粧品効果があったとしても肌に実現するのに時間がかかってしまいます。

結局はその間プレゼントし続けるか、母親が自分で継続購入してもらう必要があります。

美白化粧品はトライアル必須

美白化粧品は肌に合わない可能性が結構あります。

資生堂のHAKUは結構評判がいいですが、それだけに合わないという人も結構います。

美白化粧品は本商品じゃなくてトライアルしてからが必須です。

参考:50代の美白基礎化粧品選び~シミを消すには最後のチャンス

シワ・たるみは広告に注意

シワやたるみなんかは「ハリが出る!」という広告のクリームなんかがありますよね。あれはやめておいたほうがいいです。

だいたい最初だけピンとした感じが出て、肌が張り付くような不快感が残りやすいです。また保湿力なども弱くて、時間経過後にシリコンポリマーの被膜が逆にシワを強調してしまうことも。

実際にはレチノールなんかが最も使いたいところです。

候補としては資生堂のエリクシールというシワ取り医薬部外品クリームですね。

参考:50代のシワ・ほうれい線基礎化粧品~使うべきコスメは少ない

50代母親が使って違いが分かるのはセラミド

お母さんが使って実際に効果を感じる、満足するような基礎化粧品は?

美白やシワ・たるみが解消されたらそりゃ喜ぶでしょうが実際は無理です。

でも使ってすぐ、そして母親が自分でも買い続けたくなる可能性を感じるほど、50代がが実感しやすい基礎化粧品があります。

ヒト型セラミドの美容液かクリームです。

1.50代に足りなくて確実に補えるから高実感!

ヒト型セラミドのいいところは、20歳から半分位なってしまったセラミドをほぼ確実に増やせる点です。

コラーゲンを増やせたらシワは薄くなりますが、そこに直接コラーゲンは浸透できません。

でもセラミドは角質層にある成分なので、化粧品で十分浸透させることができます。

足りないものが簡単に補えるので、お母さんも基礎化粧品の違い、効果を実感しやすいのです。

2.乾燥を感じなくなるから一番実感しやすい

シミやシワ、たるみは仮に効果が出ても微妙な差です。だからお母さんも効果が出たのか実感しにくい。それに実感レベルに至るまで時間がかかりすぎます。

でもセラミドは保湿成分です。

乾燥肌原因そのものを解決できるので、乾燥が軽くなったという実感がすぐに分かります。

3.50代向けにヒト型セラミド配合は少ない

ヒト型セラミドの保湿化粧品は、塗ってもかなりあっさりしています。ヒアルロン酸やコラーゲンのそれより軽いです。

50代になるとしっかりした保湿力が好まれるため、あまりヒト型セラミド配合の基礎化粧品は見かけません。もっと肌質感が油剤でしっとりするように作られがち。

ですが本当に足りない保湿成分はセラミドです。

お母さんが自分でヒト型セラミドの基礎化粧品を見つけて買ってくるかというとなかなかその可能性は低いです。

だからこそプレゼントに最適。

4.敏感肌向けが多くて肌に合いやすい

ヒト型セラミドの基礎化粧品は敏感肌専門ブランドによく採用されています。

基本的にアレルギー性がなくて安心。アトピー肌の人も使っているほどなので、お母さんの肌質にも合う可能性が高くて安心です。

皮膚科医が推奨する基礎化粧品もだいたいヒト型セラミド配合のものなんですよ。

5.有名製薬会社からちょっと高級なものまでブランドが揃っている

いざヒト型セラミドの基礎化粧品をお母さんにプレゼントする場合、どこのブランドにするか?

やはりある程度の年齢層になると、聞いたことがないブランドは避けたい気が強くなります。保守的になっちゃいますね。

でも幸いなことにヒト型セラミドの優秀な製品を発売しているブランドは、結構有名所が多いです。

例えば小林製薬。

エイジングケアも視野に入れるなら富士フィルムのアスタリフトです。

どちらも聞いたことはあるブランドのはず。

両者は価格帯が倍くらい違うので、プレゼント予算に応じて選べるのも助かりますよね。

喜んでもらるか不安ならトライアルセットを贈ろう

ヒト型セラミドの基礎化粧品なら本商品をプレゼントしても安心?

アンチエイジングの化粧品は肌に合う合わないがあるのでリスクがあります。

ヒト型セラミドの基礎化粧品ならまず大丈夫ですが、不安ならトライアルセットを贈ってみましょう。

それで感想を聞いてみてください。

美白などはトライアル機関の1週間くらいじゃ何も実感はありません。でもヒト型セラミドなら十分です。

もしお母さんが喜んでいた、何となくいいかもって感想なら、そのときに改めて本商品を買うといいでしょう。

最初にトライアルセットだけのプレゼントはどうもなあ……って人は、複数のブランドのトライアルセットを一気にどーんとプレゼントしてみては?

色々使えるのでそれはそれでお得。立派なプレゼントになりますよ。

50代に合うヒト型セラミドブランド

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタの製品画像
  • ジェリータイプで母愛用の基礎化粧品と併用できる
  • プレゼント包装あり
  • トライアルは10回分あって試しやすい

富士フィルムのコスメブランド。何となく化粧品を作ったような内容ではなく、化粧品業界に激震を走らせた優秀なヒト型セラミド先行美容液です。

他のセラミドコスメはテクスチャーがしっとりしていますが、アスタリフトはジェリータイプ。小さく取りやすく塗りやすい。ジェリーだけどすぐに溶けて馴染んでとても使いやすいです。

洗顔後に塗るタイプで、その後に他ブランドの化粧水やクリームが使えます。最初に足りないヒト型セラミドを補うことで、50代の肌調子を大きく整えてくれます。

洗顔後に使えて他を邪魔しないセラミドコスメはこれだけ。ビタミンCの6000倍も効率がいいアスタキサンチンが入っているのも50代には助かります。

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリーム

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリームの商品画像

TVCMでお馴染みの製薬会社
非常に濃い4%のヒト型セラミドで強い潤い感
若干のハリ感があって実感しやすい

ほぼ誰でも知っている小林製薬。だからお母さんも安心。新聞広告でも出ているのでもしかしたらお母さんは既に使ったことがあるのかも。

ヒフミドの特徴はとにかく濃いセラミド濃度です。他が1%以下が当たり前の中、コスト度外視?の4%濃度。非常に濃いです。

製薬会社だけに使い心地はソフトで嫌味がありません。まず誰しもが不満を感じないテクスチャー。

オイル分もしっかり入っているので乾燥肌が悩みのお母さんにはピッタリ。

HABA スクワラン

HABA スクワラン
  • 一番低予算で喜んでもらえる
  • トライアルが本商品なので一旦自分で注文して渡せる
  • 親子で一緒に使おうと提案できる

50代は皮脂不足が顕著。いろいろ基礎化粧品を変えても最終的にこれを1滴足したら解決したって人は多いです。それくらい皮脂不足は肌の調子を落とします。

HABAのスクワランはとにかく安くて高品質。トライアルで送られてくるサイズが本商品そのもの。非常に小さなサイズですが3ヶ月分です。

わずか1,500円。それでいて50代の肌には価格以上の結果をもたらしてくれます。

30代くらいで肌の調子が悪いという女性もスクワランが合いやすいです。ベタつかずニキビ原因にならないので世代を問わず使えます。私も使っているからとお母さんにプレゼントして、一緒に使うというのも素敵だと思います。

  1. トップページ
  2. 50代の母親へのプレゼントに適した基礎化粧品は?